<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2015年 01月 21日
一歩がこわい

b0123467_183493.jpg


仔犬から見たら、どれほどの高さに見えるんでしょう。
「ワン」「ワン」と一丁前に吠えて、慎重に足元を確かめながら。


b0123467_1862914.jpg

マジメな顔で、シモはまだ母親の世話になっています。
[PR]

by 3in-shiba | 2015-01-21 18:08
2015年 01月 19日
母子

b0123467_17503974.jpg

b0123467_1751828.jpg

生後一ヶ月。
寒空の下で、ヤンチャな息子とヤンチャな息子に手を焼く母親と。
[PR]

by 3in-shiba | 2015-01-19 17:53
2015年 01月 10日
子犬の寝顔は最強

b0123467_19141559.jpg


生後三週間になりました。


b0123467_19183721.jpg

[PR]

by 3in-shiba | 2015-01-10 19:19
2015年 01月 09日
ラン・物語
b0123467_1329277.jpg

今日は少し長い文章です。


これまでたびたび紹介しているランは、二歳になるメスです。
甘ったれでやさしかったタケと、厳しいけれど大事なものは全力で守る
我が家の鈴との間に産まれました。
生後60日が近づき、新たな飼い主に引き渡す頃に
「別に仔犬が手に入ったから」とキャンセルされました。
すぐに他に飼い主を探せないわけではありませんでしたが、
安易なキャンセルへの腹立たしい気持ちと、これも縁かもしれないと考えて
我が家に残すことにしました。

こうして我が家の一員となったランは、一歳になっても二歳になっても
父親に輪をかけて甘ったれで、他の犬が散歩に連れ出されると
自分も連れていってくれと鳴き、エサの時間になると自分にも早くくれと鳴き、
「ランよ、お前はいつになったら落ち着くんだ」と呆れながら目の前に腰を下ろすと
大喜びで飛びついてきて、両手をかわるがわる舐めてはじっと顔を見上げるのでした。
日本犬は、至近距離では人と目を合わせたがらないものですが、
こんなところも少々変わった子です。

そのランは、ルックスに大きな欠点を持っています。
それは、日本犬としては、という意味です。
特に乱れた外耳線(がいじせん)と明るい虹彩、そのせいもあって
顔貌は美しくありません。
日本犬には日本犬標準なるものがあって、これに照らすとアウトな犬です。
仲間からは「残念な犬」「繁殖に使うべきではない」とはっきり言われてしまいます。
こう言われて悔しくないわけがありませんが、山陰柴犬の育成に携わっている以上
やむをえないなと思っていました。


そうした頃。
この正月に妻が長女とともにランを連れて京都へ里帰りし、
自身はすぐに戻りましたが、年老いた両親の身の回りのこともあって
長女をもう少し滞在させることにして、実家へ残していました。
築150年を超える実家には広い土間があり、そこを居場所に相変わらず
イタズラを働いては義父に叱られていた様子でしたが、
ヒマつぶしになるというような理由でランも長女とともに居残っていました。

ある日の昼過ぎ、LINEに長女から少し慌てた様子でメッセージが入ってきました。
「おばあちゃんが転んだ」「手首を傷めたみたい」「腫れてる」
見た目の変形はなさそうですが、腫れているのなら骨折を
疑わなければなりません。
LINEで受診や必要な人への連絡などを指示した結果、やがて
義母の骨折が明らかになりました。

その日の夜、長女とのやりとりでケガの経緯や状況が
少しずつわかってきました。
義母は薄暗い土間で独り転び、しばらく痛みと動転で起き上がることが
できなかったようです。
そして。
その時土間にいたランはすぐに異状を察知して義母に駆け寄り、
懸命に懸命に顔を舐めて励まし、慰めたようです。
自分の名を呼ぶ義母の声とランの切羽詰った鳴き声にようやく気がついた
長女が見た光景は、義母の顔を懸命に舐め続けるランの姿でした。

「顔じゅう、耳の中まで舐めてランが心配してくれて、涙が出そうだった」
犬には、飼い主が苦しい時、悲しい時、沈んだ時にそばにきて
慰めたり励まそうとするところがあります。
ランにとって両親は飼い主ではありませんが、飼い主にとって大事な
人や関係をきちんと理解していたのでしょう。
義母の感激の声を伝え聞きながら、父親ゆずりの甘ったれな面ばかりではない、
大事なものを全力で守ろうとする母親ゆずりの面を初めて見る思いでした。

「うるさいし甘ったれが過ぎるからちょっと鍛えてやってくれ」と
妻の里帰りに半ば強引に同行させた今回の旅でしたが、
犬のこと、ランのこと、僕はわかっているようでわかっていなかったのかもしれません。

いずれ帰ってくるランは以前と何も変わらないでしょうが、
今は再会を楽しみにしています。


b0123467_14433730.jpg

[PR]

by 3in-shiba | 2015-01-09 15:08
2015年 01月 01日
あけましておめでとうございます

b0123467_172661.jpg


今年もよろしくお願いいたします。
[PR]

by 3in-shiba | 2015-01-01 17:05